レビトラの即効性について

レビトラの即効性に驚いている男性レビトラは現在実用化されている三種類のED治療薬の中では二番目に開発された薬です。
日本国内に置いても既に認可が下りていますから専門クリニックで処方してもらうことも可能なのですが、薬の特徴を知らなくてはわざわざこの薬を選ぶ理由が分からないということも多いでしょう。
ではこのレビトラの特徴は何かというと、最も大きいのは即効性です。
現在実用化されているED治療薬は1~4時間ほど経過してから効果が出るものであるのに対し、レビトラは45分程度、空腹時で薬の吸収が早いと15~30分程度で効果が出てくるとされています。
この即効性は他のED治療薬では全く太刀うち出来ない部分となっており、「薬の効果を素早く実感したい」というニーズを持っている人には高い需要があります。
この優れた即効性は主成分であるバルデナフィルが関係していて同様の成分を持つ薬にバリフもあります、バルデナフィルは他のED治療薬の有効成分と比較するとかなり水に溶けやすいのです。
この水に溶けやすいという性質があるために胃の中に入った後で素早く分解されて血液に乗り、全身を駆け巡ることになるわけです。
またレビトラは食事の影響を比較的受けづらい性質も有しているため、ある程度であれば食事を自由にとっても構いません。
脂肪分が多すぎる食事は薬の吸収を阻害するために好ましくありませんが、あっさり目の食事を腹八分目ということであればおおよその場合は問題ないでしょう。
これらの特徴を踏まえると、この薬は事前に計画立てて飲むというよりはパートナーとの雰囲気が盛り上がった時に飲んで素早くED症状を緩和するのに向いていると言えます。
ただ少々注意したいのは、この薬はあくまでも勃起を補助する効果しかないという部分です。
他のED治療薬にも共通して言えることですが、ED治療薬は「飲むだけですぐに勃起する」という誤解を受けていることが少なくありません。
実際の薬の効果はあくまでも勃起を補助するだけであり、勃起のきっかけである性的刺激を受けないことには勃起することはありません。
従っていわゆる媚薬的な効果などはありませんし、重度の精神的なEDによって性的刺激を脳が上手く処理できない状態になっている場合も効果が薄れてしまいます。
レビトラに限った欠点であるわけではないのですが、この点だけはしっかり知っておかないと薬を飲んでもその価値を発揮できません。
処方してもらう際には専門医の診察を受け、しっかりとしたアドバイスをもらってから服用するようにして下さい。

レビトラは服用からどれくらいで効くのか

ED治療薬は薬を服用してからある程度の時間が経過してから効果が出始めるため、性行為の時間を逆算して薬を飲む時間を決めるのがベストです。
この際に重要となるのが「どれくらいで効くのか」ということなのですが、レビトラの場合はおよそ40分~1時間ほどで効果が出るとされています。
空腹時服用だと20~30分程度で効果が出ることもあり、他のED治療薬と比べても最も早く効果が出る薬です。
効果の持続時間は4~5時間ほどであるため、大体性行為の1時間前に服用しておけば良いといった形になるでしょう。
もし早い時間に飲まなくてはならない事情があるのならば、3時間前くらいまでであればある程度問題は無い範疇となります。
一番良いのは食前20~30分ほどで、これくらいのタイミングで飲んでおけばある程度薬の成分が吸収されてから食事が胃に入るため、食事と性行為の二つを楽しむことが可能となっています。
もし食前に飲むことが難しい場合には薬の効果を阻害する脂肪分が少ない食事を腹7分目くらいに抑えて食べて、食事から2~3時間ほど経ってお腹が落ちついた頃に飲むのがおすすめです。
また「性行為の前に緊張をほぐしたい」ということでお酒を飲みたがる人もいるのですが、これについては飲み過ぎない程度であれば全く問題は無いでしょう。
ほろ酔い程度であれば緊張をほぐす効果があるためにED症状の緩和に効果的ですし、普段お酒をたしなんでいる人であれば禁酒によってストレスを感じて勃起機能が妨げられることもあります。
従ってお酒は飲みたければ軽く飲んでも良いと言えるのですが、少々注意するべきなのは「弱いけどお酒は好き」といった人です。
体質的にアルコールを分解する酵素が少ない人は酔いやすい傾向にあり、この人がお酒とレビトラを一緒に飲んでしまうとレビトラが持つ血管拡張作用によってアルコールの回りが早くなり、普段よりも少ない酒量でひどく酔っ払ってしまうことがあります。
そうなってしまっては性行為どころの話ではありませんから、お酒に弱いという自覚がある人は普段よりも少なめにしておいた方が良いでしょう。
こうした飲み方については薬の添付文書を読むことでも理解することが可能ですが、もしクリニックで処方してもらうのであればクリニックの医師にしっかりと説明をしてもらうべきです。
医師であれば薬の飲み方や注意点についても心得ていますし、何より患者のことをヒアリングしたうえで適切な飲み方を指導してくれます。
始動された飲み方を守っていれば効果が出ないことはあまりありませんから、まずは基本的な飲み方を徹底してレビトラを使うようにしてください。

レビトラが効かない人の特徴

レビトラが効かなくて落胆しているおじいちゃんレビトラは服用して素早く効果が発揮されることがアピールポイントとなっているED治療薬であり、現在実用化されている三種類のED治療薬の中でも特に効果が早く出ます。
中には服用しても効果が無かったと感じる人がいるのですが、こうした人にはある程度共通する特徴があります。
その特徴としてまず挙げられるのは「性的刺激を受けないと勃起しなかった」と感じている人です。
これはED治療薬を催淫作用のある薬だと誤解している人が多く、そもそもED治療薬にそうした催淫効果はありません。
あくまでもレビトラに在るのはて勃起を補助する効果であり、性的刺激を受けて勃起することを助けるものでしか無いのです。
そのため飲んですぐに勃起しなかったから期待と違っていたというのは、そもそもその期待が間違っていたのだと考えてください。
次に特徴として挙げられるのが「食事を自由に摂取した」という人です。
レビトラは他の薬と比べると食事の影響を受けづらい傾向があるとはいえ、全く影響を受けない薬ではありません。同じくシアリスに配合されてるタダラフィルは食事の影響を受けにくいとされていますが、レビトラと同様に、全く影響を受けないことはありません。
具体的な基準としては食事によって得る総エネルギーのうち脂肪が30%以内に収まっていれば効果が発揮されるとなっているため、脂肪分の多い食事をしてしまうと効果が薄れてしまいます。
例えば「焼き肉で精を付けよう」と考える人は少なくありませんが、この焼き肉というのはかなり脂肪分が多い食事であるために薬の効果を阻害してしまう可能性が高いでしょう。
栄養学からすると脂肪は1グラムあたり9kcalとなっていますから、例えば900kcalの食事をとる場合には脂肪分が30グラム以下の食事にする必要があります。
最近の飲食店だと食事における脂肪分の量をメニューに記載していることがありますから、もしそうした情報があるのならば参考にしつつメニューを組み立ててみると良いでしょう。
また「精神的、もしくは重度の肉体的な原因がある」ということも時折特徴として見受けられます。
例えばうつ病を患っている人が積極的に性行為に向き合えるのかと言われると難しいでしょうし、高血圧で血管が著しくダメージを受けている状態だとそもそも勃起に必要な血液が確保できないことがありえます。
そうした原因があるとクリニックなどで指摘された場合には、まずそうした原因の治療を行いつつレビトラを使用していくことを考えてください。
ちなみに「個人輸入で薬を買った」という人も効果が出ないことが多く、この原因はシンプルに偽物を掴まされていたからです。
事実として個人輸入ではかなりの量の偽物の薬が出回っているとされていますから、レビトラを使いたいのであれば、EDの専門家のいるクリニックを受診することを考えましょう。

ページトップへ